FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤケマイさん個展@Bunkamuraギャラリーにて、TRCNカンパビラ配布中

ミヤケマイ個展ポスター
(写真は年末、東急井の頭線「渋谷」駅構内に貼られていたミヤケマイ展の大きなポスター)

昨年12月、女優の松田美由紀さんが主催する交流会「ロックの会」に出席した際に、アーティストのミヤケマイさんと知り合いました。

ミヤケマイさんは、伝統的な日本画の手法をたくみに取り入れた大胆な作風で話題の、気鋭の“絵描き”さん。

独学で2001年から作品づくりを始め、2008年には奨学金を得てパリ国立美術大学大学院に留学、2010年にはドゥラメール・フィメール・アーティストアワードを受賞されたという経歴をお持ちです。

これまで数々の個展やグループ展を開催されてきたほか、銀座メゾンエルメスのウィンドウ [2007年5-7月]、森アーツセンターミュージアムショップのグッズなどのコラボレーションも多数展開しています。

そのミヤケさんのご好意で、現在、渋谷のBunkamuraギャラリーで開催されている個展「膜迷路 Down the Rabbit Hole」 に、TRCNのカンパ呼びかけのビラを置かせていただいています!

TRCNの活動趣旨に賛同してくださり、置きビラを申し出てくださったミヤケさん。
今回の個展では「人は自分の立ち位置によって、見える世界が違う」というメッセージをこめたといいます。

作品には、ユーモラスな動物や人物の絵にハニカム状のガラスが重ねられているため、角度によって絵が見えたり見えなかったりする仕掛けになっています。

ミヤケさんは「たくさんの動物たちの中に、ガイガーカウンターを持っている子がちらほらいます。見えない放射能が、テーマのひとつになっているんです」と説明してくださいました。

「膜迷路 Down the Rabbit Hole」は、1/12(木)まで。
すばらしい作品です。ぜひみなさんも足を運んでみてください。

詳細はBunkamuraの展示情報ミヤケさんのサイトをチェックしてくださいね。

(takako)
スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。